カテゴリー 《 おもしろ旅日記 》   全8ページ

--.--.--     カテゴリー :   スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.04     カテゴリー :   おもしろ旅日記

喜連川って?どこ?

 喜連川って?どこ?
       東北道矢板インターから走る事30分ほど
       栃木県さくら市

       さくら市って??あったっけ??
             平成17年3月に氏家町と喜連川町が合併して誕生した
             まだ新しい市なんですって
             そのさくら市にある
  『 喜連川道の駅 』
c1DSC01511.jpg
    昔から喜連川温泉として有名な喜連川  喜連川道の駅には当然温泉があって
    温泉施設は内湯と露天風呂、サウナ、水風呂のほかに、水着着用で入浴するクアハウスもあり
    
    クアハウスには、ハーブバスやバブルパワーバス、シルキーバス、歩行用プールなど、
    種類豊富で楽しみながら一日中遊べる温泉でもあります

    全国にはおよそ900ほどの道の駅がありますが、関東の好きな道の駅アンケートでは
    常に上位にランクされ、全国好きな道の駅50選に選ばれ 今人気の温泉付き道の駅なのです

c1DSC01508.jpgc1DSC01517.jpg
    国道沿いなのですが 荒川と内川に囲まれた自然豊かなところ

            温泉三昧したあとは・・・・
                     美しい夕日に乾杯♪
c1DSC01530.jpg
             火照ったカラダに 川風とビールが滲みる~~~~~♪

                         最高に贅沢なひととき         
c1DSC01528.jpg
            今 車中泊しながら旅をするのが 巷で流行っているらしい

            夜になると・・・・本格的なキャンピングカーからプチキャンピングカー!?

            普通車を改造した車などなどがぞくぞくと集まってきます
       
       そんな人たちに混ざって・・・

c1DSC01536.jpg

                     車中泊体験してみちゃいました。゚(゚ノ▽`゚)゚。 。。。


  4月26日 GW初日のことでした

スポンサーサイト

2013.08.19     カテゴリー :   おもしろ旅日記

黒部ダム(旅のおわりに・・・)

     残暑お見舞い申し上げます
c1DSC04298.jpg
        猛暑続きの日本列島 酷暑疲れのみなさまに
             涼しさっ♪♪ お届けぇ~~~~~♪ 


     *☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆**☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

   美しい天空の楽園 室堂をあとに・・・

c2DSC04244.jpg c2DSC04260.jpg
         立山トンネルトロリーバスで大観峰へ
               殆どトンネルの中なので景色はひとつも見えません(;´▽`lll``

           でも トンネルを抜けると 見てぇ~~~~~!!
         
   大観峰展望台よりc2DSC04252.jpg
           雲の切れ目はるか彼方にエメラルドグリーンの黒部湖~!!

                     ここ大観峰から黒部ダムのある黒部湖まではロープウェイで黒部平へ
c2DSC04267.jpg
                              えぇ~~Σ(´ロ`ノ)ノ 雨だぁ~

    黒部平は外へも出られない程の大雨!!!

                でもここから黒部湖までは トンネルだらけの黒部ケーブルカー
c2DSC04292.jpg
                このトンネルの中を一気に湖畔まで滑り降りますw(;`・ω・)w !!
                気分は 絶叫系マシーン状態ww

    黒部湖と黒部ダムc2DSC04295.jpg
        黒部湖からは 黒部ダムの上をどうしても徒歩で渡らなくては・・・
        
        大雨の中 歩く覚悟してたら

         黒部湖へ着いてみたら  あらっ!?!降ってない ♪イエイ(  ̄ー ̄)v

              ダムを上から覗いてみたら・・・・

                        凄~~~~~い!!!
c2DSC04299.jpg
                   毎秒10tもの水が放流されています

       反対側の墨絵のような黒部湖も美しい姿
c2DSC06289.jpg

     黒部ダムの上を渡りきったら  雨っ!!!

     急いで 関電トロリーバスの乗り場にある休憩所へと飛び込む

     そこから階段を250段上れば大展望台とのこと

           Σ(=∇=ノノヒィッッー!!250段かぁ~~~~~でも登ってみた

c2DSC04315.jpg

          ( ゚∀゚)、;'.・ガハッ なんにも見えないww

2013.08.15     カテゴリー :   おもしろ旅日記

室堂「みくりが池」

標高2450m!!の世界    
          室堂「みくりが池」 
   

c2DSC06200.jpg
      この景色が見たくて・・・
         立山アルペンルートの旅へやってきたんだもの~(*´▽`*人)・:*:・

      みくりが池 到着までの様子は・・・・

     *☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆**☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

      翌朝 弥陀ヶ原高原からふたたび立山高原バスで約50分

                 立山アルペンルートをひたすら登ります 
    
        標高2450m 雲上の楽園室堂へ

          目の前に美しい立山連峰の姿と抜けるような青空・・・・のはずが


          雲に覆われ残念な姿・・・・
c3DSC04084.jpg
       
          それでも一応記念撮影とのこと・・・こっちからも
              カメラマンのお兄さんと添乗員さんを(-p■)qパシャ☆
c3DSC04085.jpg

             ここまで簡単に登ってきてしまいましたが
                     ここはあくまでも標高2450mの世界
             ここからみくりが池を周遊するコースであっても
                 危険はどんなとこに潜んでいるかもわからないとのこと・・・・
             ここからは ネイチャーガイドの中川さんの案内でトレッキング出発です^^
c3DSC04093.jpg
              ひとりひとりにトランシーバーが渡され 遊歩道を歩くのですが
              室堂平の入口では靴の裏を洗ってから歩きはじめます

                   なぜかというと高山植物を守るためなのです
                   下界から繁殖力の強い植物の侵入を防ぐのが目的だそうですが
                   西洋タンポポなどは抜いても抜いてもきりがないとのお話しでした

c3DSC04100.jpgc3DSC04111.jpg
   また遊歩道は石造りで両端は溝があり雪解け水や雨水の排水溝があり
   ところどころに石を積み上げた階段のようなものが設けられています
   これは人間のためではなく、飛べない雷鳥のため
   こんな低い溝に落ちても飛べない雷鳥は出られなくなって死んでしまうそうです
                                          石造りの遊歩道にはほかにもいろいろな弊害をもたらしていて
                                          遊歩道の近くに咲く高山植物を異常に成長させているそうです
                                          石の光りの反射で熱されて大きく成長してしまったハクサンイチゲ

   山川さんの話しを聞きながら
            みくりが池 に到着です・・・(人´▽`✿)♪
c3DSC04126.jpg
       空も明るくなり 立山連峰の姿も見えてきましたヤッホーヾ(´▽`*)ゝ♪
 
       ここからみくりが池を一周します

       わぁ~(*´▽`*人)・:*:・コバイケイソウの群生です

       大ぶりの葉が青々と茂って茎のてっぺんには白くて小さな花が無数についています
c3DSC04135.jpg
        美しい光景に見とれていると・・・トランシーバーから山川さんの声が

    らいちょうがいますよ~♪
c3DSC04148.jpgc3DSC04152.jpg
       山川さんの指射すほうに・・・らいちょうの姿が
       それもオスとメスの雷鳥の姿
             たぶん子育て中とのことで

                    山川さんも今シーズンはじめて出合ったそうですラッキー❤
c3DSC04156.jpg

         えぇ~~Σ(´ロ`ノ)ノ 突然の雨っ!!!
                     山のお天気ってホントに変わりやすくて油断できません^^;
c3DSC04161.jpg

           雨はすぐ上がって 血の池と呼ばれる場所や地獄谷エリア
           今は硫黄分が吹き出して立ち入り禁止になっていて
           その近くに建てられた雷鳥莊のまわりのハイマツがどんどん枯れていて
           今原因調査が進められているとのことです  
c3DSC04173.jpg
          あっ!!!!
                     雷鳥莊の上の山の雪渓に人影!!!!          

c3DSC04176.jpg
            たくさんの人達が雪渓を登っていきます
                   立山の頂上は3015m!!!無理^^:

    みくりが池の周遊もあと少し・・・
c3DSC04169.jpg
      お天気も良くなり美しい姿を見せてくれています^^

c3DSC04204.jpg
             残雪を背景に 鮮やかに咲くクルマユリ❤

c3DSC04185.jpg
        みくりが池と美しい室堂平を堪能して・・・・

               さぁ いよいよ最終目的地 黒部ダムへと向かいます

2013.08.08     カテゴリー :   おもしろ旅日記

立山弥陀ヶ原湿原へGO~

 ラムサール条約登録湿地
    立山弥陀ヶ原湿原

c5DSC06153.jpg
     標高約1,600~2,100m、東西9km、南北3kmに広がる弥陀ヶ原高原
     木道が敷かれた湿原には「餓鬼の田」(がきのた)と呼ばれる池塘(ちとう)が点在し
     カルデラ展望台、高山植物の宝庫の散策ポイントも豊富な雄大で美しい湿原なのです


     称名滝を楽しんだあと観光バスとは立山駅でお別れ

     いよいよ立山アルペンルート初体験(人≧▽≦✿)弥陀ヶ原湿原へと向かいます♪
        
   立山ケーブルカー
c6DSC03851.jpg
     立山ケーブルカーで
          立山駅から美女平へ 1.3Km 標高977m の世界へ
       
c6DSC03856.jpgc6DSC03858.jpg
     この急勾配の線路をたったの7分で到着!!!早っ!!   

    美女平駅 と 美女杉c6DSC03887.jpg
       霊峰立山を開山された佐伯有頼と許婚者の美しい姫の恋物語

               美しき 御山の杉よ 心あらば
                      わがひそかなる祈り ききしや


         杉の木に祈り恋を成就し 後世この杉を「美女杉」と云い
                    美女杉のあるこの一帯を美女平と呼ぶようになったとか・・・

         次ぎに乗り継ぐ高原バスを待つ つかの間のひとときでしたけど
                    美女平も美しい風景の場所で散策コースもあるようです
    立山高原バス
c6DSC03906.jpg
         美女平からは高原バスで室堂行きのバスで・・・ずんずん山を登ります

                     あっ!!                     木立の間からさっき行った 称名滝 が見えましたぁ^^
                                        こんなに登ってきてるんだなぁ~  
c6DSC03913.jpg

    室堂行きの高原バスを途中下車っ!!!

          今夜は ここの弥陀ヶ原ホテルに泊まるんです~(*´▽`*人)・:*:・

          さっそくホテルに荷物を置いて・・・・湿原の散策へ

     ёё≡ Σ(ω |||) エェェェッ!大雨っ!!!

     高原バスの停留所で雨宿り 30分ほどで雨も上がったので散策再開^^


        弥陀ヶ原湿原 
c5DSC03984.jpg
      雨上がりの湿原にはだぁれもいなくて・・・この大自然ひとりじめ❤ヾ(・^▽^・)ノ❤

c5DSC03933.jpg
      木道のすぐ脇には チングルマやイワカガミのかわいい姿

c5DSC03986.jpg
      これはチングルマの花が終わった姿 面白いね^^

c5DSC03998.jpg
               「餓鬼の田」の広がる湿原の奧に着くころには
                          空も明るくなり薄日が射し美しい高原の風景
 
c5DSC03972.jpg
            そこかしこに白い綿毛をなびかせるワタスゲの姿゚+.ヾ(´∀`*)ノ 。+.゚

c5DSC04025.jpg
            いかにもラムサール条約登録湿地 なんとも美しい景色堪能

         写真を撮りながら約2時間 貴重でなんとも至福の時

                お天気もすっかりよくなり最高の散策

         遊歩道の終点に白い建物 今夜のお宿 弥陀ヶ原ホテルが見えています  
             
c5DSC04037.jpg

          あぁ~ お腹 空いたぁ~ Σ(*゚∀゚* エヘッ

2013.08.02     カテゴリー :   おもしろ旅日記

称名滝を見にいこう♪

称名滝を見にいこう♪

      立山ケーブル駅の奧

          あまりツアーでは行かない

            日本一長い滝  称名滝 を見に行くことに♪


        宇奈月温泉からは観光バスで豊かな田園風景の中

            北陸自動車道で一路立山 称名滝をめざします

        着々と進む北陸新幹線の工事 ただいま急ピッチで進行中

            長野新幹線と繋がれば東京から金沢まで2時間ほどで来られるなんていいなぁ~
                       
c7DSC03761.jpg

           立山から山をのぼり・・・・称名滝の駐車場へ

               さぁ~ここからは 約2キロ先の滝まで自力で上がっていくのです 

c7DSC03770.jpg

           道は整備されていて歩きやすいのですけど・・・

               日差しがキツイし 勾配もかなりキツイのです

           でも美しい景色が目の前に広がっています

           山肌には名もない滝が幾筋も流れ 

                      川の流れは サラサラと清らか


          ♪(*ノ・ω・)ノオオォォォ
               
                 やっと称名滝に着きました!!!

c7DSC03800.jpg 

             滝壺に落ちる水しぶき マイナスイオン全開っ!!!

               落差日本一華厳の滝よりも東京タワーよりも高い 350mを誇る大瀑布
               4段に折れながら流れる水量は多いときに 毎秒100トンを越えるんだって

               凄い!!!!!    

c7DSC03789.jpg
             見てっ!小名称名滝の右っ!!
             
             豊水期(4月〜6月)に称名滝のお隣に 落差500mのハンノキ滝 が現れます

             幻の滝と呼ばれて7月に見られるのは珍しいんだって

                  ラッキー♪(  ̄ー ̄)v

   滝壺っ!!!
c7DSC03805.jpg

           水はあくまでも清らか   心も洗われます~(*´▽`*人)・:*:・

            ついでに 帽子も服も・・・全身びしょびしょ(-`ω´-;Aフキフキ

c7DSC03808.jpg


          大日岳登山道入口

c7DSC03820.jpg
           大日平を経て大日岳(2501m)、中大日岳、奧大日岳の大日連山を縦走する
           登山道は、立山、剱岳をよく展望できるコースで有名で

           明日あたし達も行く室堂へと降りていけるようです 

                登ってすぐに称名滝の展望台もあるようですけど・・・
                  なんちゃって山ガールは登りません!!(●≧艸≦)PUU~!!

c7DSC03838.jpg


プロフィール

☆伯苑

Author:☆伯苑
ときめき写真館へようこそ

伯苑の心のときめき
写真とともに
たわいないおしゃべりを
  綴っていきたいかと・・・・
 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twilight

powered by ブログの時計屋さん


ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。