--.--.--     カテゴリー :   スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.05     カテゴリー :   お出かけ写真館

喜連川町散歩

 喜連川町散歩
        喜連川に来た目的は
            特になんにもなくて
            喜連川道の駅の下見と温泉に入ることだけだったんだけど・・・・
            道の駅で町の案内看板を見つけた
             
            ならば 喜連川お散歩教室 開催\( *^▽^ )/♪って事で町歩きしてみました

    龍光寺
c2DSC01554.jpg
                 創建年代は不詳だそうですが、足利尊氏の開基により創建されたと伝えられる
                 戦国時代、喜連川城に入った足利頼氏は、豊臣秀吉の軍勢によって焼失したこの寺を再興し
                 父頼純の法号から龍光院と改めたそうです
                 以後ずっと 喜連川氏の帰依を得て江戸時代にはその菩提寺となっていた
                 第二次大戦後の1953年(昭和28年)寺号が現在の龍光寺と改められたんですって
                                             
                         白と赤の山門に 慈雲山の金文字が 清々しくも美しい 
c2DSC01559.jpg
      本堂
c2DSC01564.jpg
                木彫りの装飾の施された木造の本堂
                本堂内に安置されている十一面観世音菩薩像も
                木造立像で蓮台共に四尺六寸の恵心僧都の作と伝えられている
                ここにある足利尊氏公木像は市指定文化財です
 
c2DSC01566.jpgc2DSC01567.jpg
          掃き清められ 人の文字が浮かぶ香炉  履き古された僧の下駄  
                             そのどれもが質素で静謐 朝の寺の空気にとけ込む
c2DSC01568.jpg

    足利家歴代の墓所
c2DSC01578.jpg
                      龍光寺の奧にある足利家歴代の墓所。
                      ここも市指定文化財になっていて
                      歴代の御墓所は苔むしてはいるが 木立の中に点在する姿は清らか
c2DSC01579.jpg

            またこのお寺の中は花*花がいっぱい
c2DSC01562.jpg
                  このしだれ桜は終演を迎えていましたが・・・
                              ツツジ 藤 シャガ 山吹 などなど
                    そしてこの山門の横には大輪の芍薬でしょうか 艶やかな笑顔   
c2DSC01560.jpg
    芍薬の花に見送られ 町中を歩きます

c3DSC01628.jpgc3DSC01629.jpg

c3DSC01630.jpgc3DSC01626.jpg
       由緒ある古き善き町の雰囲気を残している町並み
               日々の中で 古いものを大切にしながらの暮らし 素敵です
                 
       町並みを一本裏にはいってみると
  
    御用堀
c2DSC01589.jpg
           この辺の荒川から分流する用水を運ぶ御用堀

                水田田畑の農耕に必要な水を運び 日常生活、防火用水にと
                美しい清流は沿岸の人達の欠かせない水源も
                今は昔の物語り 時代と共に河川は汚れ面影はなく役目は終わったようですが
                郷愁を誘う御用堀は今も静かに流れているのです
c2DSC01594.jpg
           御用堀のある家々の人々は この御用堀の景観を守り暮らしているようです

                      その御用堀のある家の一軒 ここは喜連川神社の宮司さんの住むお宅  
c2DSC01596.jpg
           そのお隣に 喜連川神社はあるのでした

       喜連川神社
c2DSC01598.jpg
               こんもりとした小山の上に喜連川神社はありました

       えぇ~~~~~この階段登るの??
                  写真でこの急坂が伝わるかなぁ~??
c2DSC01602.jpgc2DSC01604.jpg

         登って来る価値ありのお社です   木立の中にひっそりと佇む社は神々しい
c2DSC01610.jpg
         竹林を背に建っている祠の中には・・・・御神輿が
c3DSC01607.jpg

         あらっ??なだらかな坂と少ない階段!!  遠くにご神木と大きく立派な鳥居っ!!
c3DSC01615.jpg
                こっちが表だったみたい(;´▽`lll``

   喜連川お散歩教室 半日散歩これにて修了~~~~~

   あぁ~お腹空いた!!

 
     お蕎麦が食べたい~~~~~ってことで

   後半は

           次回へ
   
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
歴史のある町並みっていいなぁ
俺のとこは古のとか無い開拓の地だから こいうの見るといいなって思うよ
趣のある街並みですね。
お散歩の足取りも、のんびりまったりとなりそう。
K’sさん
    うんうん^^歴史ある町に住んでたら
    いいのになぁ~っていつも思います^^
    じじのとこは開拓地 伯苑のとこは農地^^;
    お互い歴史ある古い町並みは期待できないね
よっちゃん♪
     町中歩けちゃう小さな町ですけど
     とってもいい町並みの喜連川
     歩いてるだけで癒されます^^
     またのんびりと行きたい場所のひとつです




プロフィール

☆伯苑

Author:☆伯苑
ときめき写真館へようこそ

伯苑の心のときめき
写真とともに
たわいないおしゃべりを
  綴っていきたいかと・・・・
 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twilight

powered by ブログの時計屋さん


ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。